ONOUE HIDEKI 尾上秀樹(中棹三味線)

1975年 東京都出身。

6歳6月6日より、母・藤本流総大師範 藤本弥尾地に師事。

三味線のみならず、90年代にはロックバンドのベーシストとしても活動。

オリジナリティ溢れる豊かな旋律を武器に、スタイリッシュなパフォーマンスとは裏腹に、既成概念を果敢に打ち壊していく劇場的な三味線で、独自のサウンドを追求し続けている。
の修行の傍ら、90年代にはロックバンドのベース奏者として活躍。


尾上秀樹にとって三味線とは

“片思いの相手”、かなぁ? いつまでたっても思い通りにならない。

でもその相手を、知れば知るほど好きになっていく魅力的な存在ですかね(^^)